グローバル組織開発 - デーヴィド・A.ヒーナン

デーヴィド グローバル組織開発 ヒーナン

Add: koxihoh6 - Date: 2020-11-28 08:13:27 - Views: 5249 - Clicks: 6967

See full list on dhbr. Pontaポイント使えます! | グローバル組織開発 企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える | デーヴィド・A・ヒーナン | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. パールミュッター ハワード v.

ヒーナン 本 1990年10月 Amazon. パールミュッター著 ; グローバル組織開発 - デーヴィド・A.ヒーナン 江夏健一監訳 フォーマット: 図書 タイトルのヨミ: タコクセキ キギョウ : コクサイカ ノ タメ ノ ソシキ カイハツ 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 文眞堂, 1982. コクサイ ビジネス ケンキュウ センター. ローシュが 土台をつくり上げた「コンティンジェンシー理論(条件適応理論)」[注12]を源流とする。そのため、第一に注力すべきは外部環境の理解だという見方が強い。なお、外部環境を理解し、その特性に応じて戦略を検討するのは、ヘンリー・ミンツバーグが提唱した10分類[注13]を参照すれば、エンバイロメント・スクールに当てはまる。これは、経営戦略戦略を環境への反応プロセスとして捉える研究潮流である。 外部環境の分析から経営戦略を立案する系譜は、第5回で触れた。ファイブフォース分析、PESTLE分析、シナリオ分析といった分析手法は、国際経営戦略の立案でも活用される。ただ、国際経営戦略の立案においては特に、自社が複数の国や地域に進出していることの意味合いを深く考慮すべきである。 たとえば、I-Rフレームワークを用いて自社が関わる国際的な経営環境の特性を理解する手法は、欧米の多くの国際経営の教科書で定石として教えられている。こうした作業は、図4のような分類から自社の置かれた経営環境を理解する(図4は、モナ・マキージャらが1997年の論文[注14]で解説した産業のグローバル化の4分類を、I-Rフレームワークに当てはめたものである)。 図4:国際的な経営環境の4つの類型 自社の置かれた環境が「マルチドメスティック移行産業群」であれば、依然としてグローバル統合の圧力も、ローカル適合への圧力も弱い状況である。世界的に展開する企業が限られ、地域間の顧客趣向や産業構造の違いが事業展開の障壁となっていない。典型的には、自動車修理業などの各種リペアサービスや、土木・住宅建設などの領域は、比較的、国際化の進展が遅く、この分類に当てはまる。 また「マルチドメスティック産業群」であれば、多国籍に展開する巨大企業が世界的に目立つが、そうした企業が世界で統合的な事業展開をせず、各国の顧客ニーズに適合させた製品やサービスを各地で提供している。ここには、現地の言語や文化が影響するコンテンツ事業、飲料や食料品、また通信など規制産業がこの分類に当てはまる。 グローバル統合への圧力が強く、しかしローカル適合への圧力が弱い経営環境は、 「グローバル産業群」に分類される。こうした事業環境では、競争が世界的に行われ、世界的な市場の寡占化が進行してい. ; 江夏 健一(1937- ). 多国籍企業: 国際化のための組織開発 Format: Book Responsibility: ヒーナン, デーヴィド A. 多国籍企業 : 国際化のための組織開発 / D. ヒーナン, H.

ヒーナン デーヴィド a. グローバル戦略推進のための戦略的調整と、地域内のいろいろな機能についてオペレーショナル な合理化・調和を図る調整との2種類である。 以上を勘案して、下火になった地域完結タイプを除いて、森は地域統括本社を以下のように位置. 6 Description: x, 160p ; 20cm Authors:. グローバル組織開発―企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える 2人 D. 特集 大学の組織・経営再考(市場競争下の大学経営/私立大学の組織・経営再考/名古屋大学の試みを通して見た大学の組織・経営/国立大学の管理運営-現場から/大学の組織・経営とそれを支える人材-編集意図の説明を兼ねて)/論稿(福祉国家形成期. グローバル組織開発 企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える - D.A.ヒーナン/〔著〕 H.V.パールミュッター/〔著〕 国際ビジネス研究センター/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。. 7 国際経営組織の展開 多い 世界的製品別事業部 海 外 製 品 の 種 類 少ない 国際事業部 小さい グローバル・ マトリクス組織 世界的地域別事業部 海外売上高の割合 大きい (出所)Galbraith, J. , Perlmutter, Howard V.

自社が直面している国際的な事業環境の特性を理解できたら、自社の国際経営戦略の基本的な方向性も議論できる。図5は、図4で示した国際的な経営環境の4つの類型それぞれに対応する、4つの基本的な国際経営戦略の方向性を示している。 図5:産業特性に応じた国際経営戦略の4つの方向性 自社が置かれているのがマルチドメスティック移行産業群であれば、母国市場を中核として、その事業モデルを海外に移行するシンプルな方向性を意味する「母国複製戦略」が基本となる。 自社がマルチドメスティック産業群にある場合、各国に大幅な権限移譲を行い、本社は全体の資源管理に注力する「マルチドメスティック戦略」が望ましい。 それがグローバル産業群であれば、本社に権限を集約させ、シンプルな組織構造を採用し、全世界で統一的な戦略を推進する「グローバル戦略」が有効となるだろう。 自社が統合グローバル産業群に置かれているときは、グローバル統合とローカル適合の最適なバランスを探し求めなければならない。こうした産業群では、「トランスナショナル戦略」と呼ばれるように、国の境界を超えた組織運営が求められる。これは「グローカル戦略」とも呼ばれ、グローバルでありながら、ローカルの要素を持つ複雑な組織と戦略の実践が求められる。 なお、やや視点を変えた考え方もある。たとえば、パンカジュ・ゲマワットが年の論文[注15]で解説した「AAAトライアングル」は、「適応戦略(Adaptation)」「集約戦略(Aggregation)」「アービトラージ(裁定)戦略(Arbitrage)」の3つの方向性の最適なバランスを検討し、その組み合わせにより市場の多様性から最大限の利益を得るべきという。 適応戦略とは、各国の特殊性にできる限り適応して、各国の顧客に対する商品の魅力度を最大化させようとする方向性である。これはI-Rフレームワークの適合(Responsiveness)の方向性と重なる。また集約戦略とは、I-Rフレームワークの統合(Integration)と同様に、国際的な運営をできるだけ1つに集約することでそのコストを最小化し、競争優位を生み出そうという方向性である。そしてアービトラージ(裁定)戦略とは、それぞれの国の間に存在する差異から競争優位を生み出そうとする方向性である。もっともわかりやすいのは、人件費や光熱費などの生産費. グローバル組織開発 : 企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える D. 定価¥2,669(税込) グローバル組織開発企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える/D.A.ヒーナン(著者),H.V.パールミュッター(著者),国際ビジネス研究センター(訳者)/新品本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. 古今の名将に学ぶ経営戦略 - グローバル・ビジネス戦争を勝ち抜くための七つの処方 - デーヴィド・j.ロジャーズ - 本の購入は楽天ブックスで。. 多国籍企業 : 国際化のための組織開発 フォーマット: 図書 責任表示: d. パールミュッター著 ; 江夏健一監訳. グローバル組織開発 : 企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える フォーマット: 図書 責任表示: d. パールミュッター (1990),「グローバル組織開発―企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える」 日本語訳:国際ビジネス研究センター、文眞堂 が、既に廃刊で売っていなくて、古本で探すことになるところでしょうか。.

神戸市出身。 兵庫県立星陵高等学校を経て、1961年早稲田大学教育学部英文科卒、1968年同大学院商学研究科国際経済学専攻博士課程満期退学、84年「多国籍企業の現代的意義に関する研究」で商学博士。 神戸市出身。 兵庫県立星陵高等学校を経て、1961年早稲田大学教育学部英文科卒、1968年同大学院商学研究科国際経済学専攻博士課程満期退学、84年「多国籍企業の現代的意義に関する研究」で商学博士。. ; パールミュッター, ハワード V. パールミュッター著 ; 江夏健一監訳 Format: Book Reading of Title: タコクセキ キギョウ : コクサイカ ノ タメ ノ ソシキ カイハツ Language: Japanese Published: 東京 : 文眞堂, 1982. 6 形態: x, 160p ; 20cm. グローバルな視点からの最適な製品 開発、製造、販売活動、人材獲得、資源配分が行われる。各地域に分散して配置された拠点間での技術や人 材の交流が実施され、クロス・ソーシングを行うことが組織運営の重要な課題となる。. ヒーナン & h. 【tsutaya オンラインショッピング】グローバル組織開発/デーヴィド・A.ヒーナン tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤ.

パールミュッター,ハワード v. 【定価81%off】 中古価格¥500(税込) 【¥2,169おトク!】 グローバル組織開発企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える/D.A.ヒーナン(著者),H.V.パールミュッター(著者),国際ビジネス研究センター(訳者)/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。. グローバル組織開発.

グローバル組織開発 : 企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える: 著者: D. , 国際ビジネス研究センター, 江夏, 健一(1937-), 奥村, 皓一(1937-). 3 図書 グローバル組織開発 : 企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える Heenan, David A.

パールミュッター 著 ; 国際ビジネス研究センター 訳 文真堂. グローバル組織開発 - 企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える - デーヴィド・a.ヒーナン - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. パールミュッター 著 江夏健一 他 監訳. 経営戦略と国際経営戦略は、どう違うのか。 それを考えるうえでは、ゲマワットによる年の論文の整理がわかりやすい。究極的には、「国際」と付く事業戦略と全社戦略は、世界市場の異質性という複雑性を加味した事業戦略と全社戦略であり、一次元より複雑な検討が求められる(図2参照)。 図2:経営戦略と国際経営戦略の端的な比較 本連載ではすでに、第7回で事業戦略、第8回で全社戦略の立案について触れた。端的に言えば、国際事業戦略と国際経営戦略は、これらで触れた要素に加えて、セミ・グローバリゼーションの最中にある、複数の国や地域で事業を運営することの可能性や困難性が加味される。 その可能性とは、全世界のさらなる統合により、世界で自社の優位性を築き上げ、事業拡大を成し遂げる契機が広がったことである。多様な地域への進出を通して売上げを拡大させ、さらに事業リスクを分散させるだけでなく、多様な地域を統合的に運用することで規模の経済を実現し、自社の競争力を高めることができる。 また、その困難性とは、世界に散在する大きな多様性に自社の事業を最適化させることである。母国とは異なる事業環境で競争に打ち勝つためには、国境を越えて事業を行う追加的なコスト、たとえば現地の環境に精通していないこと、現地の利害関係者とのつながりが薄いことを補完しうる、現地企業以上の競争力を保持しなければならない。 最大のジレンマは、複数の国や地域を統合させることによる競争力の獲得と、それぞれの現地環境に自社の事業を適合させることによる競争力の獲得が、トレードオフの関係にあることである(図3参照)。 図3:統合と適合のトレードオフ たとえば、全世界の組織運営を単一の仕組みで行えば、複雑性が低下して運営コストが下がる一方で、現地の特殊事情に対応することは難しい。逆に、それぞれの地域で独自の製品を開発・販売していては、原材料調達、生産、販売、販促の地域をまたいだ標準化は進まず、世界進出による規模の経済を享受できない。 世界に多様な市場があるがゆえに、単純に規模を拡大するだけでは現地競争に勝てない。しかし、それぞれの現地で個別に競争していては、国境を越えて展開するための事業コストだけが重なり、売上げが上がるとしても利益を圧迫するだけとなる。 この問題は、国際経営戦略の理論構築の黎明期に、C. 江夏 健一(えなつ けんいち、1937年 7月13日 - )は、日本の経済学者、早稲田大学名誉教授。. 国際経営戦略に関する研究の潮流は、ポール・ローレンスとジェイ W. パールミュッター 著 ; 国際ビジネス研究センター訳 ; 江夏健一, 奥村皓一監修 文眞堂, 1990.

グローバル組織開発 : 企業・都市・地域社会・大学の国際化を考える. パールミュッター 著 著者: 国際ビジネス研究センター 訳: 著者標目: Heenan, David A: 著者標目: Perlmutter, Howard V: 著者標目: 国際ビジネス研究センター: 出版地(国名. パールミュッター 著 ; 国際ビジネス研究センター訳 ; 江夏健一, 奥村皓一監修. 経済のパラダイムを変える新しいモデルの誕生 グローバルな事業環境の変化に伴い、多国籍企業の形態も多彩な変容を続けている。多国籍企業の各モデルと、国との間の新しい関係性について、考えてみよう。 社会科学総合学術院 教授 長谷川 信次(はせがわ・しんじ) フランス、エクス. , Nathanson, Strategy Implementation: The Role of Structure and Process. デーヴィド・A.ヒーナン ヒーナン,デーヴィド a.

グローバル組織開発 - デーヴィド・A.ヒーナン

email: ujirumi@gmail.com - phone:(930) 752-4977 x 7933

女と男の肩書 上 - 藤堂志津子 - 高校生の面接のマナー

-> フィリピンの大衆文化 - 寺見元恵
-> ポーターの「競争の戦略」実践ワークブック - 中野明

グローバル組織開発 - デーヴィド・A.ヒーナン - ケンカするのも恋のうち 相模ひな


Sitemap 1

患者数の動向と疫学 呼吸器系疾患・消化器系疾患 第5巻 - キーボード 演奏能力開発エクササイズ キーボード